「そして私は,あなた と女 の間,またあなたの子孫 と 女の子孫 の間に敵意を置く。彼*はあなたの頭を砕き,あなたは彼のかかとに傷を負わせる」

(創世記3:15)

この予言の謎のメッセージは何ですか?エホバ神は、地に正しい人類を住まわせるという彼の計画は確実に実現されるであろうと告げています(創世記1:26-28)。この予言は何世紀にもわたって「聖なる秘密」であった(マルコ4:11、ローマ11:25、16:25、1コリント2:1、7「聖なる秘密」)。エホバ神は何世紀にもわたってそれを徐々に明らかにしてきました。これがこの予言的ななぞなぞの意味です。

(イエス・キリストは1914年に彼の父であるエホバ神によって設置された神の国の天国の王です(ダニエル第4章の予言の聖書の年表によると))

(黙示録第5章、第7章の予言によれば、わずか144,000人の人間が天のよみがえりを持つでしょう)

女:彼女は天国の天使たちで構成された、神の天国の人々を表します。「それから,天に大きなしるしが見えた。それは太陽を身にまとった女で,月が足の下にあり,12の星の冠をかぶっていた」(黙示録12:1)。この女性は「上からのエルサレム」と表現されています。「方,上にあるエルサレムは自由であって,私たちの母です」(ガラテヤ4:26)。それは「天のエルサレム」と表現されています。「方,皆さんが近づいたのは,シオンの山,生きている神の都市である天のエルサレム,無数の*天使たちが」(ヘブル人への手紙第12章22節)。サラのように、千年の間、この天の女は無菌で、子供がいませんでした(創世記3:15で述べられています)。「エホバはこう言う。「子供を産んだことがない不妊の女よ,歓声を上げよ!産みの苦しみを味わったことがない女よ,歓喜して叫べ !見捨てられた女の子供は,夫 がいる女の子供よりも多いからだ」(イザヤ54:1)。この予言は、この生殖不能の女性が多くの子供たちを産むであろうと発表しました(王イエス・キリストと144,000人の王と祭司)。

(黙示録第5章、第7章の予言によれば、わずか144,000人の人間が天のよみがえりを持つでしょう)

女の子孫:ヨハネの黙示録は、この子が誰であるかを明らかにしています。「それから,天に大きなしるしが見えた。それは太陽を身にまとった女 で,月が足の下にあり,12の星の冠をかぶっていた。 彼女は妊娠しており,出産の痛みや苦しみのために叫んでいた。(...) 女は男の子を産んだ。その男子は,鉄のつえをもって全ての国の民を処罰する ことになる。その子はすぐに女から取られ,神のもとへ,王座へと連れていかれた」(黙示録12:1、2、5)。 この息子はイエス・キリストを神の国の王として、また神の王国としても表します。「その子は偉大な者となり,至高者の子と呼ばれます。エホバ*神は父ダビデの王座を彼に与え, 彼は王としてヤコブの子孫を永久に治めます。その王国に終わりはありません」(ルカ1:32、33; 詩編2)。

ヘビは悪魔を表します。「こうして,大きな竜 は投げ落とされた。あの初めの蛇 で,悪魔 サタン と呼ばれ,全世界を惑わしている者である。彼は地に投げ落とされ,邪悪な天使たちも共に投げ落とされた」(黙示録12:9)。

(悪魔サタンは、1914年に、天から追放されました)

蛇の子孫は、イエス・キリスト国王と地上の聖徒たちに反対する、神の主権の天と地の敵を表しています。「蛇よ,毒蛇のような者たちよ,あなた方はどうしてゲヘナの処罰を逃れられるでしょうか。 それで,私は預言者と賢人と教師たちをあなた方のもとに遣わします。あなた方はその中のある人を殺し,杭に掛け,ある人を会堂でむち打ち,あちこちの町で迫害します。こうして,正しい人アベル+の血から,あなた方が聖なる所と祭壇の間で殺害した,バラキヤの子ゼカリヤ+の血に至るまで,地上で流された正しい人の血全ての責任をあなた方は負います」(マシュー 23 :33-35)。

(黙示録14と19によると、悪魔の子孫の多くは大きな苦難の間に消えます)

女性のかかとでの傷は、神の子イエス・キリストが地上で犠牲にされた死を表している。「その上,人として来た時,謙遜さを示し,死に至るまで従順でした。苦しみの杭に掛けられて死ぬことを受け入れたのです」(ピリピ2:8)。それにもかかわらず、このかかとの傷害はイエス・キリストの復活によって癒されました:「こうして,命へと導く方+を殺しました。しかし神はイエスを生き返らせました。私たちはそのことの証人です」(使徒3:15)。

(キリストの犠牲は救いを可能です(ヨハネ3:16))

(私たちは毎年イエス・キリストの死を記念しなければなりません)

蛇のつぶれた頭:悪魔であるサタンの永遠の滅びと神の国の敵:「平和を与える神により,間もなくサタンは皆さんの足の下で砕かれます」(ローマ16:20)。 「そして,人々を惑わしていた悪魔は火と硫黄の湖に投げ込まれた。そこにはすでに野獣と偽預言者もおり,彼らは永久に昼も夜も苦しめられる」(ヨハネへの啓示20:10)。

 

1 - 神はアブラハムと契約を結ぶ  

「あなたの子孫によって地上の全ての国民が祝福を受ける。あなたが私の言ったことに従ったからである』」 

(創世記22:18)

アブラハムの契約は、神に従順なすべての人類がアブラハムの子孫を通して祝福されるという約束です(創世記17:19)。アブラハム、サラ、イサクは、同時に聖なる秘密の意味と神が従順な人類を救うための手段を表す予言劇の主人公です(創世記第3章15節)。

エホバ神は偉大なアブラハムを代表します。「あなたは私たちの父です。アブラハムが私たちを知らないとしても,イスラエルが私たちを認めないとしても,エホバ,あなたは私たちの父です。昔から私たちを救ってきた方です」(イザヤ63:16、ルカ16:22)。

(エホバは神の名です)

(わたしたちは専らエホバを崇拝しなければなりません(マタイ22:37,38))

- 天の女は偉大なサラを表し、長く生殖不能で子供のいないものである(創世記第3章15節を参照)。「こう書かれています。「子供を産めない不妊の女よ,喜べ。産みの苦しみを知らない女よ,歓声を上げよ。見捨てられた女の子供は,夫がいる女の子供よりも多いからだ」。 兄弟たち,皆さんはイサクと同じく約束による子供です。当時,普通に生まれた子が,聖なる力によって生まれた子を苦しめるようになりました。今も同じことが起きています。しかし,聖書は何と言っているでしょうか。「召し使いの女とその子を追い出してください。召し使いの女の子供が,自由な女の子供と一緒に相続人になることは決してないからです」。ですから,兄弟たち,私たちは召し使いの女性の子供ではなく,自由な女性の子供です」(ガラテヤ人への手紙第4章27-31節)。

- イエス・キリストはアブラハムの主な子孫である大イサクを代表しています。「さて,約束はアブラハムとその子孫 に語られました。子孫が大勢いるかのように,「あなたの子孫たち」とは述べられていません。「あなたの子孫」と述べられており,子孫は1人で,キリストです」、それがキリストです」(ガラテヤ3:16)。

(イエス・キリストはエホバ神の子であり、永遠の救済への唯一の道です(ヨハネ14:6))

- 天の女のかかとの傷:エホバ神はアブラハムに息子のイサクを犠牲にするよう求めました。アブラハムは拒絶しなかった(彼はこの犠牲の後に神はイサクを復活させると思ったからである(ヘブル11:17-19))。犠牲の直前に、神はアブラハムがそのような行為をするのを妨げました。イサクはアブラハムによって犠牲にされた雄羊に取って代わられた。「こうしたことの後,真の神はアブラハムを試した。神が,「アブラハム!」と言うと,アブラハムは,「はい,ここにおります!」と答えた。すると神は言った。「どうか,あなたの子,あなたが深く愛する一人息子+のイサク+を連れてモリヤ地方に行き,私が指定する山の上で,彼を捧げ物*として捧げてほしい」。(…)ついに2人は真の神が告げた場所に着いた。アブラハムはそこに祭壇を作り,その上にまきを並べた。それから息子イサクの手足を縛り,祭壇のまきの上に寝かせた。そして短刀を手に取り,息子を殺そうとした。ところが,エホバの天使が天から,「アブラハム,アブラハム!」と呼び掛けた。アブラハムは,「はい!」と答えた。天使はこう言った。「少年を傷つけてはいけません。何もしてはなりません。今,あなたが神を畏れていることがよく分かりました。あなたは自分の子,一人息子を私に与えることを拒みませんでした」。アブラハムが目を上げて見ると,向こうに,角がやぶに引っ掛かって動けなくなっている雄羊がいた。それでアブラハムは行って雄羊を捕まえ,息子の代わりに全焼の捧げ物として捧げた。アブラハムはその場所をエホバ・イルエと名付けた。そのため今も,「エホバの山で与えられる」という言い方がある」(創世記22:1-14)。と言うのが通例であり、実際に、今度はエホバがこの犠牲を彼自身の息子であるイエスと共に与えられた理由です。 - キリストこの預言的表現は、エホバ神にとって非常に痛みを伴う犠牲の実現である(「あなたがとても愛するあなたのただ一人の息子」というフレーズをもう一度読みなさい)。従順な人類の救済のための偉大なるアイザックであるキリスト:「神は,自分の独り子を与えるほどに人類を愛したのです。そのようにして,独り子に信仰を抱く人が皆,滅ぼされないで永遠の命を受けられるようにしました。 (…)子に信仰を抱く人は永遠の命を受ける。子に従わない人は命を得ず,神の憤りがその人の上にとどまる」(ヨハネ3:16,36)。約束の最後の成就は、従順な人類の永遠の祝福によって成就されるでしょう。「その時,王座から大きな声がした。「見なさい! 神の天幕が人々と共にあり,神は人々と共に住み,人々は神の民となります。神が人々と共にいるようになるのです。神は人々の目から全ての涙を拭い去ります。もはや死はなくなり,悲しみも嘆きも苦痛もなくなります。以前のものは過ぎ去ったのです」」(黙示録21:3,4)。

 (人類は病気、老化、死亡から解放されます)

2 - 割礼の同盟

「そして神はアブラハムと割礼の契約を結びました。アブラハムは,生まれた子イサクに8日目に割礼を施し,イサクにもヤコブが生まれ,ヤコブにも12人の子が生まれて彼らは家長となりました」

(使徒7:8)

この割礼の契約は、神の民、その当時は地上のイスラエルの人々の独特のしるしとなることでした。それは霊的な意味を持ち、それは申命記の本の中のモーセの別れのスピーチで詳しく述べられています:「皆さんは心を清め,頑固さを捨てなければなりません」(申命記10:16)。割礼とは肉において、それ自体が生命の源であり、神への従順であるという心に対応するものを意味する:「ほかの何よりも,あなたの心を守れ。命は心に懸かっているからである」(箴言4:23)。

(聖書に書かれている彼らの意志の正確な知識を通して、神とその子イエス・キリストへの従順(詩1:2,3)(日本語))

(最終的には霊的成熟に達することによる、神とその子イエス・キリストへの従順)

弟子スティーブンは、彼のスピーチの中で彼の死刑執行に先立つ演説の中で、この基本的な教えのポイントを理解していました。肉体的に割礼を受けたにもかかわらず、彼はイエス・キリストを信じることができなかった彼の聞き手にそれを明らかにしました彼らは割礼されていない心の霊的。「強情で,耳をふさぎ,心を変えようとしない人たち,あなた方はいつも聖なる力に抵抗しています。自分たちの父祖と同じように行動しているのです。あなた方の父祖たちが迫害しなかった預言者がいるでしょうか。しかも父祖たちは,正しい方の到来を前もって告げた人たちを殺しました。そしてあなた方は,到来したその方を裏切って殺しました。 あなた方は,天使によって伝えられた律法を受けたのに,守りませんでした」」(使徒7:51-53)。そのような勇敢な非難は彼に彼の命を犠牲にした、それはこれらの殺人者が心の精神的な割礼を受けていなかったという確証でした。

(「霊的非割礼」とは、聖書の中で禁じられていることを自発的に実践することによる、神とその子イエス・キリストへの不従順です((日本語))(その2))。

象徴的な心は、"言葉と行動を伴う推論"(善または悪)、人の精神的な内部を構成します。この言葉を使わずに、イエス・キリストは心の状態のために、人を純粋にするか、または不純にするのかをよく説明しました。「しかし,口から出るものは何でも心から出てくるのであり,それが人を汚します。 例えば,心から,邪悪な考えが出てきます。殺人,姦淫,性的不道徳,盗み,偽証,冒瀆です。 これらは人を汚します。しかし,手を洗わずに食事をすることは人を汚しません」」(マタイによる福音書第15章18-20節) 。この場合、イエス・キリストは、彼が神の前で不純になり人生にふさわしくないようにする彼の悪い推論で、精神的に割礼のない状態にある人間を説明します(箴言4:23参照)。 。「彼の良い宝物からの善人は良いものを生み出し、彼の邪悪な宝物からの邪悪な男は邪悪なものを引き出す」(マタイ12:35)イエス・キリストの声明の最初の部分で、彼は霊的に割礼された心を持っている人間について説明しています。

使徒パウロはまた、モーセから、そしてイエス・キリストからこの教えのポイントを理解しました。割礼は、霊的には、神、そしてその子イエス・キリストに対する従順を意味します。「割礼は,あなたが律法を実践して初めて価値があります。割礼を受けていても,律法に違反しているなら,受けていないのと同じです。 ですから,もし割礼を受けていない人が律法の正しい要求に従うなら,割礼を受けていると見なされます。そうではありませんか。 そして,体に割礼を受けていないその人は,律法を実践することによってあなたを有罪とするでしょう。あなたは書かれた法典を持ち,割礼を受けていながら,律法に違反しているからです。外面がユダヤ人である人が真のユダヤ人なのではありません。また,真の割礼は外面つまり体に施されるものではありません。内面がユダヤ人である人が真のユダヤ人なのです。真の割礼は聖なる力によって心に施されるものであり,書かれた法典に基づくものではありません。その人は,人ではなく神から称賛されます 」(ローマ人) 2:25-29)。

忠実なクリスチャンは、もはやモーセに与えられた律法の下にはないので、使徒15:19,20,28,29使徒令によれば、もはや彼は肉体的な割礼を行う義務を負っ。これは、使徒パウロの霊感に基づいて書かれたことによって裏付けられています。「キリストは律法の終着点であり,信仰を抱く人は皆,正しいと見なされるのです」(ローマ10:4)。"招かれた時にすでに割礼 を受けていた人がいますか。その人は割礼を受ける前の状態に戻そうとしてはなりません。招かれた時に割礼を受けていなかった人がいますか。その人は割礼を受けてはなりません。   割礼を受けていることにも受けていないことにも,特に意味はありません。意味があるのは,神のおきてを守ることです" (コリント第一 7:18,19)。今後、クリスチャンは霊的割礼を受けなければなりません。すなわち、エホバ神に従い、キリストの犠牲を信じるに違いありません(ヨハネ3:16,36)。

(私たちはもはやモーセに引き継がれた律法の権威のもとにはありませんが、この律法は、キリストにおいて、キリスト教の会衆において成就され、将来の地上の楽園において成就される予言的価値を持っています。 1、コロサイ2:17とエゼキエル40-48)

過越祭に参加したい人は誰でも割礼を受けなければなりませんでした。 現時点では、クリスチャン(彼の望みが何であれ(天にも地にもかかわらず))は、イエス・キリストの死の記念に参加する前に霊的割礼を受けていなければなりません。 「まず自分をよく調べて確かめ,その上でパンを食べ,杯から飲むべきです」(1コリント11:28は出エジプト記12:48(過越祭)と比較して)。 

(私たちは毎年イエス・キリストの死を記念するためにあり、すべての忠実なクリスチャンは(天にも地上にもかかわらず)ヨハネの福音書第6章48-58節に従うことを求められます)

3 - 神とイスラエルの人々との間の律法の契約

「エホバ神が皆さんと結んだ契約を忘れないように気を付けなさい」

(申命記4:23)

この契約の調停者はモーセです。「その時エホバは,入っていって取得する土地で守るべき規定と法規を皆さんに教えるよう,私に命じました」(申命記4:14)。この契約は、神への従順の象徴である割礼の契約と密接に関係しています(申命記10:16、ローマ2:25-29と比較)。この同盟はメシアまで有効です。「彼は多くの人のために1週の間契約の効力を保たせ,週の半ばに犠牲と供え物を終わらせます」(ダニエル9:27) )。エレミヤの預言によれば、この契約は新しい契約に置き換えられるでしょう:「エホバはこう宣言する。「私がイスラエル国民およびユダ国民と新しい契約を結ぶ時が来る。その契約は,私が彼らの父祖たちの手を取ってエジプトから連れ出した日に,その父祖たちと結んだ契約のようなものではない。『私は確かに彼らの主人だったのに,彼らは私との契約を破った』と,エホバは言う」(エレミヤ31:31,32)。

イスラエルに与えられた律法の目的は、メシアの到来に備えて人々を準備することでした。律法は人類の罪深い状態(イスラエルの人々によって代表される): 「このような訳で,1人の人によって人類に罪が入り,罪によって死が入り,こうして,全ての人が罪人になったために,死が全ての人に広がったように―。 律法以前にも人類は罪を抱えていました。もちろん,律法がなければ誰も罪に問われません」(ローマ5:12,13)。神の律法は人類の罪深い状態に実質を与えました。彼女はその時イスラエルの人々によって表されたすべての人類の罪深い状態を明らかにしました:「では,私たちは何と言えばいいでしょうか。律法は罪なのですか。決してそうではありません! 律法がなかったなら,私は罪を知ることはなかったでしょう。例えば,律法が「貪欲になってはならない」と言っていなかったなら,私は貪欲というものを知らなかったでしょう。しかし,罪はおきてによって機会を得て,私の内にあらゆる種類の貪欲を生み出しました。律法がない時,罪は死んでいたのです。律法がない時,私は生きていました。しかし,おきてが登場すると,罪は生きるようになり,私は死にました。 そして,命に導くはずのおきてが死に導くものであることが分かりました。 罪はおきてによって機会を得て,私を誘惑し,おきてを通して私を殺したのです。こういう理由で,律法自体は聖なるものであり,おきては聖なるもので正しく,良いものです」(ローマ7:7-12)。それゆえ、律法はキリストに導く教師でした。「このように,律法は私たちをキリストに導く保護者となりました。私たちが信仰のゆえに正しいと認められるようになるためです。しかし,キリストへの信仰が始まった今,私たちはもう保護者の下にはいません」(ガラテヤ3:24,25)。完全な神の律法は、人の罪を犯して罪を犯すことを肉体に与えたものであり、彼の信仰ゆえに罪を犯す人の贖いに至る犠牲の必要性を示しました(そして法の働きではない)。この犠牲はキリストの犠牲になるでしょう:「人の子も,仕えてもらうためではなく仕えるために,また多くの人と引き換える贖いとして自分の命を与えるために来ました」(マシュー20:28)。

(キリストの犠牲は救いを可能です(ヨハネ3:16))

キリストは律法の「終わり」であるにもかかわらず、それは依然として私たちが(イエスを通して): 「「エホバの考えを知るようになって,その方を教えられる人などいるでしょうか」。とはいえ,私たちはキリストの考えを知っています」(ヘブル10:1、1コリント2:16)。 これらの「良いもの」を現実にするのは、イエス・キリストです。「そうしたものは後に来るものの影であって,その実体はキリストです」(コロサイ2:17)。

 (私たちはもはやモーセに引き継がれた律法の権威のもとにはありませんが、この律法は、キリストにおいて、キリスト教の会衆において成就され、将来の地上の楽園において成就される予言的価値を持っています。 1、コロサイ2:17とエゼキエル40-48)

4 - 神と「神のイスラエル」との間の新しい契約

「この指針に従ってきちんと歩む人全てに,つまり神のイスラエルに,平和が与えられ,憐れみが示されますように」

(ガラテヤ6:16)

 イエス・キリストは、新しい契約の調停者です。この新しい契約はエレミヤ31:31,32の預言を成就させました: 「神はただひとりであり,神と人間との間 の仲介者もただひとり,キリスト・イエスです。人間だったその方は」(テモテへの第一 2:5)。神のイスラエルは、クリスチャン会衆全体を代表しています。それにもかかわらず、イエス・キリストはこの神のイスラエルが将来の地上の楽園では、天の一部と地上の別の部分を持つことを示しました。

(イエス・キリストは永遠の命への唯一の道です(ヨハネ14:6、17:3))

「神のイスラエル」は、144,000人の「ニュースエルサレム」によって構成されています。その首都は、「地上」で、「天からの」神の権威を流れさせるでしょう(黙示7:3-8)。イスラエルは12の部族から成り立っていますfrom 12000 = 144000):「さらに見ると,聖なる都市である新しいエルサレムが,花婿のために着飾った花嫁のように,天から,神のもとから下ってきた」(黙示録21:2)。

(黙示録第5章、第7章の予言によれば、わずか144,000人の人間が天のよみがえりを持つでしょう)

神の地上のイスラエルは、未来の地上の楽園に住む人間で構成され、イエス・キリストによってイスラエルの12の部族として裁定されるように指定されています:「イエスは弟子たちに言った。「はっきり言います。再創造の際,人の子が栄光の座に座る時に,私に従ってきたあなたたちも12の座に座り,イスラエルの12部族を裁きます」(マタイ19:28)。この地上の霊的なイスラエルはまたエゼキエルの章40-48の予言で説明されています。

(将来の地上の楽園では、大いなる苦難を乗り切って生き残った大勢の群衆が存在し、ゼカリヤ書第13章8節と黙示録第7章9-17節によると現在の人類の3分の1を占めるでしょう)

(将来の楽園では地上での復活があるでしょう)

(判断)

現在、神のイスラエルは天の召しを持っている忠実なクリスチャンと、永遠の命を地上で望んでいて、大いなる苦難を乗り切ることができる大群衆の一員になりたいと願っているクリスチャンで構成されています(啓示7:9-17)。

(この「神のイスラエル」は、エホバを崇拝し、イエス・キリスト・キングに仕えるためにクリスチャン会衆に組織されています)

最後の過越祭の祭典の夜、イエス・キリストは一緒にいた忠実な使徒と共に、この新しい契約の誕生を祝いました。「そして、彼はパンを取って、感謝し、それを破り、そしてそれを言った。 「また,イエスはパンを取り,感謝の祈りをしてから,それを割って渡し,こう言った。「これは,あなたたちのために与えられる私の体を表しています。このことを行っていき,私のことを思い起こしなさい」。また,食事が済んでから,杯についても同じようにして,こう言った。「この杯は私の血による新しい契約を表しています。それはあなたたちのために注ぎ出されることになっています」(ルカ22:19,20)。

この新しい契約は、彼らの望みが何であれ(天にも地上にも)すべての忠実なクリスチャンに関係しています。この新しい契約は心の霊的割礼と密接に関係しています(ローマ2:25-29)。すべての忠実なクリスチャン、キリストの死の記憶に参加することができます。

(私たちは毎年イエス・キリストの死を記念するためにあり、すべての忠実なクリスチャンは(天にも地上にもかかわらず)ヨハネの福音書第6章48-58節に従うことを求められます(日本の))

5 - エホバとイエス・キリストとの間およびイエス・キリストと144,000との間になされた王国のための契約 

「とはいえ,あなたたちは私が試練に遭っている間もずっと一緒にいました。 それで私は,天の父が私と契約を結んだように,あなたたちと王国のための契約を結び,あなたたちが私の王国で私と一緒に食卓に着いて食べたり飲んだりし,王座に座ってイスラエルの12部族を裁くようにします」

(ルカ22:28-30)

この契約は、イエス・キリストが新しい契約の誕生を祝ったのと同じ夜になされました。これは、それらが2つの同一の同盟であることを意味するのではありません。王国のための契約は、エホバとイエス・キリストとの間、そしてイエス・キリストと天国で王と祭司として支配する144,000人との間の契約です(黙示録5:10; 7:3-8; 14:1- 5)。神とキリストの間の封印された王国のための契約は、ダビデ王と彼の王朝との間で神によってなされた契約の延長です。この契約は、王国のための契約を満たすために、(1914年に)イエス・キリストが直接の地上の子孫であり、天の王であるこの王族の永続性に関する神の約束です(2サムエル7)。 :12−16、マタイによる福音書1:1−16、ルカによる福音書3:23−38、詩篇2)。

(イエス・キリストは1914年に彼の父であるエホバ神によって設置された神の国の天国の王です(ダニエル第4章の予言の聖書の年表によると))

イエス・キリストと彼の使徒との間の、そして拡張による144,000人のグループとの間になされた王国のための契約は、実際には、大いなる苦難の直前に起こるであろう天の結婚の約束: 「喜んで,歓喜し,神をたたえましょう。子羊が結婚する時が来て,花嫁の支度ができたからです。 花嫁は,輝く,清い,上等の亜麻布の衣服を着ることを許されました。上等の亜麻布は,聖なる人たちの正しい行いを表します」(黙示録19:7,8)。詩篇第45篇は、イエス・キリスト王と彼の天の王家の妻(女王)との間のこの天の結婚を予言的に描写しています,144000(黙示録21:2)。この天の結婚から、神の王国の天の王の権威の地上の代表者となる、王子の王国の地上の息子が生まれるでしょう。「あなたの子たちは父祖たちに取って代わる。あなたは彼らを全世界で高官に任命する」(詩編45:16、イザヤ32:1,2)。

(黙示録第5章、第7章の予言によれば、わずか144,000人の人間が天のよみがえりを持つでしょう)

(エゼキエルの予言40 - 48章は、この世の楽園における未来の王子の役割を詳述しています)

(エゼキエルの予言は、地球上の楽園における40-48章、また将来の祭司の役割についても詳述しています)

新しい契約と王国のための契約の永遠の祝福は、永遠のためにすべての国を祝福するアブラハムの契約を成就するでしょう。神の約束は完全に果たされるでしょう:「永遠の命の希望に基づいています。その希望は神がはるか昔に約束したものであり,神は偽ることができません」(テトス1:2)。

(人類解放の恵み)

(天の復活の祝福)

(地上での復活の祝福)

(神の国の地上統治の恵み)

 聖書オンライン

複数の言語の聖書

あなたが選んだ言語のリンク(青色)は、同じ言語で書かれた別の記事にリンクします。 英語で書かれた青いリンクは、記事を英語で表示します。 この場合、スペイン語、ポルトガル語、フランス語の3言語から選択することもできます。

他の言語

Shqiptar   Deutsch  English   العربية    հայերեն  বাঙালি

беларускі   bosanski    Български  Català  中国  

한국의  Hrvatski  Dansk    Español  Eesti  Suomalainen

Français  ქართული  ελληνικά  עברי    हिन्दी  

Magyar   Indonesia   Icelandic  Italiano

Jawa  ខ្មែរ  Қазақ   ລາວ  Latvijas 

Lietuvos  Македонски   Moldovenesc   Crnogorski 

Монгол  Nederlands     नेपाली     Norsk   ਪੰਜਾਬੀ

فارسی    Polski  Português  Românesc  Pусский   

Cрпски  Slovenský  Slovenski  Svenska  Tagalog  தமிழ்   

český    ไทย     Türk   Yкраїнський   Tiếng việt

"この幻はなお定めの時のためのものであり,終わりに向かって息をはずませてゆくからである。それは偽ることはない。たとえ遅れようとも,それを待ちつづけよ。それは必ず起きるからである。遅くなることはない"

(ハバクク 2:3)

このメッセージは、特に様々な会衆、すなわちキリスト教の教会の「羊飼い」のために書かれていますが、他の非キリスト教の信者のためにも書かれています

この聖書サイトの目的は、読者が引き続きエホバの日を待つことを奨励することです。 この日のために私たちを準備するために、キリスト教徒の宗教的意見の違いを超えて、私たちの誠実な努力を連合させることが重要です。アモス5:18(聖書)に書かれています: "『エホバの日を待ちこがれている者は災いだ! それで,あなた方にとってエホバの日はどのようなものとなるであろうか。それは暗闇であり,何の光もない"。大いなる試練、エホバの日はひどい瞬間になるでしょう(ゼパニヤ1:14-16)。

それにもかかわらず、我々は勇敢で積極的な態度を取らなければなりません。 ハバクククには、「保護者」のものでなければならない「エホバの日」の予言があり、地平線に向かって見えます。 イエス・キリストは見張りの警備員のこのイメージを取っています:"それゆえ,ずっと見張っていなさい。あなた方は,自分たちの主がどの日に来るかを知らないからです" (マタイ 24:42)。キリストは、黙示録の中で、警戒の欠如が致命的であることを明らかにしました: "それゆえ,あなたがどのように受けてきたか,またどのように聞いたかを思いにとどめ,[それを]守りつづけ,そして悔い改めなさい。あなたが目ざめないなら,必ずわたしは盗人のように来る。そしてあなたは,わたしがどの時刻にあなたのもとに来るかを全く知らないであろう" (啓示 3:3)。「今日と今の時間」について確信がなければ、驚くことなく事前に準備するための十分な聖書の情報があります (何をすべきか?)(The King Jesus Christ; The Two Kings; Gog of Magog)。

私たちは神の忍耐の表明としての準備のためのこの期待を考慮しなければなりません:"エホバ はご自分の約束に関し,ある人々が遅さについて考えるような意味で遅いのではありません。むしろ,ひとりも滅ぼされることなく,すべての者が悔い改め*に至ることを望まれるので,あなた方に対して辛抱しておられるのです" (ペテロ第二3:9) (聖書の教え(聖書に禁止されています))。聖書は私たちを準備するのに役立ちます(Be PreparedThe Christian Community)。聖書には、神の国の地上の祝福が記述されています(The Release)。復活が起こる方法を理解する (The Heavenly Resurrection (144000)The Earthly ResurrectionThe Welcoming of the Resurrected OnesThe Allotted Place of the Resurrected Ones)。神の王国がどのように地球を支配するのかを理解する (The Earthly Administration of The Kingdom of God,The PrinceThe Priest)。あなたが宗教指導者であれば、聖書の教えを使うことができます。あなたはそれらを励ますことができます:"そして神みずから彼らと共におられるであろう。 また[神]は彼らの目からすべての涙をぬぐい去ってくださり,もはや死はなく,嘆きも叫びも苦痛ももはやない。以前のものは過ぎ去ったのである」(The Good News; The Great Crowd; In Congregation)" (啓示21:3,4)。エホバはキリストを通して純粋な心を祝福してください。 アーメン(ヨハネ13:10)。

このサイトは、英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語でのみ利用可能です。 これらの言語のどれかを知っているあなたの会衆の誰かにあなたに興味のある聖書情報を翻訳するように頼むことができます。 質問をしたり、その他の理由がある場合は、自分自身を表現したい場合は、躊躇しないでサイトやさえずりアカウントに連絡してください。