聖書オンライン

複数の言語の聖書

あなたが選んだ言語のリンク(青色)は、同じ言語で書かれた別の記事にリンクします。 英語で書かれた青いリンクは、記事を英語で表示します。 この場合、スペイン語、ポルトガル語、フランス語の3言語から選択することもできます。

キリストの死の記念碑
14ニサン5779(月とユダヤ人の年)
木曜日、2019年4月18日(日没後)(グレゴリオ暦)

キリストの死の記念の祝典

"実際,わたしたち​の​過ぎ越し​で​ある​ キリスト​ は​犠牲​に​され​た​の​です"

(コリント第一 5:7)

過ぎ越しは、キリストの死の記念の記念のための神の必要条件のモデルです(ヘブライ10:1)(The Reality of the Law)

割礼を受けた人だけが「過ぎ越し」を祝うことができました(出エジプト記12:48)。

キリスト教徒は、もはや肉体的な割礼の義務を負うことはないので、モザイク法によって定義されたキリストの死を記念するのに必要なのは、「心の霊的な割礼」です : "それ​で​あなた方​は​自分​の​心​の​包皮​に​割礼​を​施し,これ​以上​うなじ​を​固く​*し​て​は​なら​ない" (申命記 10:16) 。

心の霊的な割礼は、使徒パウロによって定義されました:"実際​の​ところ,割礼​ は,あなた​が​律法​を​実践​し​て​はじめて​益​が​ある​の​です。しかし,もし​あなた​が​律法​の​違犯​者​で​あれ​ば,あなた​の​割礼​ は​無​割礼​に​なっ​て​い​ます。" (ローマ 2:25-29) 。 それはモザイク法の預言的な成就であるキリストの律法に従うことを表す(ヘブル10:1)。霊的な割礼とは逆のことは、特に弟子とキリスト教の殉教者、スティーブン(使徒 7:51-53「邪悪、神への不従順」)によって定義されます (聖書の教え(聖書に禁止されています))。

「心の霊的な割礼」は、キリストの死を記念して参加するために必要です : "人​は​まず​自分​を​よく​吟味​し​て​確かめ,こう​し​て​後​に​パン​から​取っ​て​食べ,また​杯​から​飲み​なさい。" (コリント第一 11:28) 。

第一コリント11章の直後の文脈によれば、「自己承認」とは、エンブレムを取る前に、神とキリストの前での良心の検査です。 クリスチャンは、キリストの死を記念するために参加する前に、神とキリストの前で忠実で、はっきりとした良心をもって見つけられなければなりません(テモテ第一  3:9)。コリント第一11章の直後の文脈に関連して、自分自身の承認はキリスト教の希望の分化に関連していません (The Heavenly Resurrection (144000); The Earthly Resurrection; The Great Crowd)

当時の忠実なキリスト教徒は、すべての天の希望を持っていたようで、それを見分ける必要はありませんでした。

コリント第一11章の文脈では、聖書的に立証されていますが、天と地の希望の違いは明示的に現れていません。これは、キリストの死を記念して参加することが、希望に左右されないことを示しています。イエス・キリストは、私たちのために自分の人生を犠牲にしてこのことを述べました:

"「わたし​は​命​の​パン​+です。  あなた方​の​父祖​は​荒野​で​マナ​ を​食べ​まし​た​が,それでも​死に​まし​た。  これ​は​天​から​下っ​て​来る​パン​で​あり,だれ​で​も​それ​を​食べる​者​が​死な​ない​ため​の​もの​です。  わたし​は​天​から​下っ​て​来​た​生き​た​パン​です。だれ​で​も​この​パン​を​食べる​なら,その​人​は​永久​に​生き​ます。そして,本当​の​こと​です​が,わたし​が​与える​パン​と​は,世​の​命​の​ため​の​ わたし​の​肉​+な​の​です」。  その​ため,ユダヤ​人​たち​は,「どうして​この​人​は,自分​の​肉​を​わたしたち​に​与え​て​食べ​させる​こと​が​できる​の​か」と​言っ​て​互い​に​争い​はじめ​た。  そこで​イエス​は​彼ら​に​言わ​れ​た,「きわめて​真実​に​あなた方​に​言い​ます​が,人​の​子​の​肉​+を​食べ​ず,その​血​+を​飲ま​ない​かぎり,あなた方​は​自分​の​うち​に​命​+を​持て​ませ​ん。  わたし​の​肉​を​食し,わたし​の​血​を​飲む​者​は​永遠​の​命​を​持ち,わたし​は​その​人​を​終わり​の​日​に​復活​さ​せる​でしょ​う。  わたし​の​肉​は​真​の​食物​で​あり,わたし​の​血​は​真​の​飲み物​な​の​です。  わたし​の​肉​を​食し,わたし​の​血​を​飲む​者​は,ずっ​と​わたし​と​結びつい​て​いる​*の​で​あり,わたし​も​その​者​と​結びつい​て​い​ます。  生ける​+父​が​わたし​を​お遣わし​に​なり,わたし​が​父​に​よっ​て​生き​て​いる​の​と​同じ​よう​に,わたし​を​食する​者,その​者​も​また​わたし​に​よっ​て​生きる​の​です。  これ​は​天​から​下っ​て​来​た​パン​です。それ​は,あなた方​の​父祖​が​食べ​て​も​なお​死ん​だ​よう​な​もの​で​は​あり​ませ​ん。この​パン​を​食する​者​は​永久​に​生きる​の​です 」。" (ヨハネ 6:48‐58) 。

したがって、すべての忠実なクリスチャンは、キリストの死を記念してパンとワインに参加する必要があります。それはキリストの戒めです(ヨハネ6:53) (Jesus Christ the Only Path; The King Jesus Christ)

忠実なクリスチャンだけが、キリストの死を記念して招待されます: “その​よう​な​わけ​で,わたし​の​兄弟​たち,[それ​を]食べる​ため​に​集まる​際​に​は,互い​に​待ち合わせ​なさい。”( コリント第一 11:33) (In Congregation)

サイトの目的

何をすべきか?

聖書の教え

メインメニュー(英語)

CONTACT

TWITTER

MENÚ PRINCIPAL DEL SITIO BÍBLICO EN ESPAÑOL

O MENU PRINCIPAL DO SITE BÍBLICO EM PORTUGUÊS 

MAIN MENU OF THE BIBLICAL WEBSITE IN ENGLISH

MENU PRINCIPAL DU SITE BIBLIQUE EN FRANÇAIS