聖書オンライン

複数の言語の聖書

あなたが選んだ言語のリンク(青色)は、同じ言語で書かれた別の記事にリンクします。 英語で書かれた青いリンクは、記事を英語で表示します。 この場合、スペイン語、ポルトガル語、フランス語の3言語から選択することもできます。

他の言語

English  Español  Português  Français  Català  Românesc  Italiano  Deutsch

Polski  Magyar  Hrvatski  Slovenský  Slovenski  český  Shqiptar  Nederlands

 Svenska  Norsk  Suomalainen  Dansk  Icelandic  Lietuvos  Latvijas  Eesti

עברי  ייִדיש  ქართული  ελληνικά  հայերեն  Kurd  Azərbaycan  اردو  Türk  العربية  فارسی     

Pусский  Yкраїнський  Македонски  Български  Монгол  беларускі  Қазақ  Cрпски                 

Hausa  Swahili  Afrikaans  Igbo  isiXhosa  Yorùbá  Zulu  አማርኛ  Malagasy  Soomaali

   हिन्दी  नेपाली  বাঙালি  ਪੰਜਾਬੀ  தமிழ்  中国  ไทย  ខ្មែរ  ລາວ  Tiếng việt  日本の  한국의

Tagalog  Indonesia  Malaysia  Jawa  Myanmar 

何のために?

サイトの目的

何をすべきか?

聖書の教え

メインメニュー(英語)

 

イエス・キリストの死の記憶を祝う

"実際,わたしたち​の​過ぎ越し​で​ある​ キリスト​ は​犠牲​に​され​た​の​です"

(コリント第一 5:7)

リンクをクリックして、記事を要約したビデオをご覧ください

 

イエス・キリストの死の記憶のお祝いの日付を決定するための聖書の方法は、聖書の過ぎ越しの方法と同じです。新月(ニサンの月の最初の日)から、14の「ニサン(聖書の暦の月)」:「あなたたちは第1の月,14日の夕方に無酵母パンを食べ,21日の夕方までそうする」(出エジプト記12:18)。 「夕方」は14日産の日の始まりに相当します。聖書では、その日は日没後の「夕方」(「こうして,晩になり朝になり,1日目が過ぎた」(創世記1:5))の後に始まります。これは、月の天文表が4月8日の満月、または4月23日の新月に言及している場合、4月7日と22日の2つの夜の間の期間であること。 日没後、4月8日と23日の日の出前、月が変わるとき(http://pgj.pagesperso-orange.fr/calendar.htm(フランス語))。

詩篇81:1-3(聖書)では、新月の初日が月の完全な消失であることを、間違いなく理解できます。「新月の時に角笛を吹き鳴らせ。満月の時に,私たちの祭りの日に」。この計算に基づくと、イエス・キリストの死の記念日は、日没後の2022年4月12日火曜日になります。

このテキスト(詩編81:1〜3)は、ティシュリ1の日付からの「新月」について詩的に言及しています(数字10:10、29:1)。 15ティシュリの「満月」、喜びのある「ごちそう」の時です(1、2節と申命記16:15を参照)。月の天文表に基づいて、観測は次のようになります。新月を完全に消滅させた場合(三日月なし)、すべての場合において、月の15日は満月になります。そのため、疑いもなく、聖書によれば、新月としての月の初日は月の完全な消滅です(最初の三日月の出現ではありません)(詩篇81:1〜3)。

他の羊

「私にはほかの羊がいますが,この囲いのものではありません。私はその羊たちも連れてこなければならず,それらも私の声を聞きます。こうして,1つの群れ,1人の羊飼いとなります」

(ヨハネ10:16

ヨハネ10:1-16を注意深く読むと、中心的なテーマは、メシアが弟子である羊の真の羊飼いであると特定することであることがわかります。

ヨハネ10:1とヨハネ10:16には、「はっきり言っておきます。羊の囲いに,戸口を通ってではなくほかの所を乗り越えて入る人は,泥棒や強盗です。(…)私にはほかの羊がいますが,この囲いのものではありません。私はその羊たちも連れてこなければならず,それらも私の声を聞きます。こうして,1つの群れ,1人の羊飼いとなります」。この「羊小屋」は、モーセの律法の文脈で、イエス・キリストが説教した領域、イスラエルの国民を表しています。「イエスはこの12人に次の指示を与えて遣わした。「異国の人々の所に行ってはならず,サマリア人の町に入ってはなりません。 いつも,イスラエル国民の迷い出た羊 の所に行きなさい」(マタイ10:5,6)。 「イエスは答えた。「私は,イスラエル国民の迷い出た羊 の所にしか遣わされていません」」(マタイ15:24)。この羊小屋は「イスラエルの家「でもあります。

ヨハネによる福音書第10章1-6節には、イエス・キリストが「羊小屋」の扉の前に現れたと書かれています。これは彼のバプテスマの時に起こりました。 「門番」はバプテスマのヨハネでした(マタイ3:13)。バプテスマのヨハネは、キリストとなったイエスにバプテスマを施すことによって、彼への扉を開き、イエスがキリストであり、神の子羊であることを証言しました。 「次の日,ヨハネはイエスがやって来るのを見て,言った。「見なさい,人類 の 罪を取り去る,神の子羊 です!」」(ヨハネ1:29-36)。

ヨハネによる福音書第10章7-15節では、同じメシアニックテーマを続けながら、イエス・キリストは、ヨハネによる福音書第14章6節と同じように、自分自身を「門」と呼んで別の図を使用しています:「イエスは言った。「私は道であり,真理 であり,命 です。私を通してでなければ,誰も父のもとに行くことはできません」。主題の主なテーマは常にメシアとしてのイエス・キリストです。同じ箇所の9節から(彼は別の時にイラストを変えます)、彼は自分を羊をかすめる羊飼いとして指名しています。教えは彼と彼が羊の世話をしなければならない方法の両方に集中しています。イエス・キリストは、弟子たちのために命を捨て、羊を愛する優れた羊飼いとして自分自身を指名します(彼に属していない羊のために彼の命を危険にさらさないサラリーマンの羊飼いとは異なり)。再び、キリストの教えの焦点は、羊のために自分を犠牲にする羊飼いとしてのご自身です(マタイ20:28)。

ヨハネ10:16-18:「私にはほかの羊がいますが,この囲いのものではありません。私はその羊たちも連れてこなければならず,それらも私の声を聞きます。こうして,1つの群れ,1人の羊飼いとなります。 父は私を愛してくださいます。私が命をなげうつからです。それは私が再び命を受けるためです。 誰かが私の命を奪うのではありません。私自らなげうつのです。私は命をなげうつ権限があり,再び受ける権限があります。この命令は父から受けました」。

前の節の文脈を考慮に入れて、イエス・キリストは、ユダヤ人の弟子のためだけでなく、非ユダヤ人のためにも自分の人生を犠牲にするという、当時の新しい考えを発表しました。その証拠は、彼が弟子たちに説教に関して与える最後の戒めは:「しかし,聖なる力があなたたちに働く時,あなたたちは力を受け,エルサレムで,ユダヤとサマリアの全土で,また地上の最も遠い所にまで,私の証人となります」 (使徒​の​活動1:8)。ヨハネによる福音書第10章16節のキリストの言葉が実現し始めるのは、まさにコーネリアスのバプテスマの時です(使徒言行録第10章の歴史的記述を参照)。

したがって、ヨハネによる福音書第10章16節の「他の羊」は、非ユダヤ人のクリスチャンに当てはまります。ヨハネによる福音書第10章16-18節では、羊飼いのイエス・キリストに対する羊の従順における一致について説明しています。彼はまた、彼の時代のすべての弟子たちを「小さな群れ」であると語りました。 「恐れることはありません,小さな群れよ。天の父は,あなたたちに王国を与えることを喜んでいます」(ルカ12:32)。33年のペンテコステで、キリストの弟子はたった120人でした(使徒1:15)。使徒行伝の説明の続きで、彼らの数は数千人に増えると読むことができます(使徒2:41(3000人の魂);使徒4:4(5000))。新しいクリスチャンは、使徒たちのようにキリストの時代であろうとなかろうと、当時のイスラエル国民、そして他のすべての国の一般の人々と比較して、「小さな群れ」を代表していました。

イエス・キリストが父に尋ねたように、私たちは団結し続けましょう

「私は,この人たちだけでなく,彼らの言葉によって私に信仰を持つ人々についてもお願いします。  それは,父よ,あなたと私が結び付いているように,彼ら全員が一つになるためです。また,彼らも私たちと結び付いているようにしてください。あなたが私を遣わされたことを世の人々が信じるためです」(ヨハネ17:20,21)。

- 過ぎ越しは、キリストの死の記念の記念のための神の必要条件のモデルです:"それらの事は来たるべきものの影 であって,その実体 はキリストに属しているのです" (コロサイ2:17)。"律法は来たるべき良い事柄の影 を備えてはいても,事の実質そのものを[備えて]はいないので"(ヘブライ10:1)(The Reality of the Law)

- 割礼を受けた人だけが「過ぎ越し」を祝うことができました: "そして,外人居留者があなたのもとに外国人としてとどまっていて,その者がエホバへの過ぎ越しを執り行なうという場合には,その者に属するすべての男子に割礼が施される ように。こうして後に,その者は近くに来てそれを行なってよい。その者はその地で生まれた者のようにならなければならない。しかし,割礼を受けていない者はだれもそれを食べてはならない"(出エジプト記12:48)。

- クリスチャンはもはや肉体的な割礼の義務を負いません。 彼の割礼は霊的になります:「それであなた方は自分の心の包皮に割礼を施し ,これ以上うなじを固く してはならない」(申命記10:16、使徒15:19、20、28、29「使徒命令」「キリストは律法の終わりである」(モーセに与えられた)(ローマ10:4))。

- 心の霊的な割礼は、使徒パウロによって定義されました:""実際のところ,割礼 は,あなたが律法を実践してはじめて益があるのです 。しかし,もしあなたが律法の違犯者であれば,あなたの割礼 は無割礼になっています 。  したがって,もし無割礼の人 が律法の義の要求を守るなら ,その人の無割礼は割礼とみなされるのではありませんか 。 そして,本来無割礼であるその[人]は,律法を実行することによって,その書かれた法典と割礼とがありながら律法の違犯者となっているあなたを裁く ことになります。 外面の[ユダヤ人]がユダヤ人ではなく ,また,外面の肉の上での割礼が[割礼]でもないのです 。 内面の[ユダヤ人]がユダヤ人なのであって,[その人の]割礼は霊による心の[割礼]で,書かれた法典によるものではありません+。その人に対する称賛 は,人間からではなく,神から来ます"" (ローマ 2:25-29) 。 それはモザイク法の預言的な成就であるキリストの律法に従うことを表す(ヘブル10:1)。

- 霊的な割礼とは逆のこ それは神とその子イエス・キリストに対する不従順です: "「かたくなで,心 と耳に割礼のない人たち,あなた方はいつも聖霊に抵抗しています。あなた方は,父祖が行なったとおりに行なうのです。  どの預言者をあなた方の父祖は迫害しなかったでしょうか。そうです,彼らは,義なる方 の到来について前もって発表した人たちを殺し ,あなた方は今,その方を裏切る者,また殺害する者となりました。  み使いたちによって伝えられたものである律法 を受けながら ,それを守らなかったあなた方が」"(使徒 7:51-53) (聖書の教え(聖書に禁止されています))。

-「心の霊的な割礼」は、キリストの死を記念して参加するために必要です (天国の、または地上の希望のすべての忠実なクリスチャン): "人​は​まず​自分​を​よく​吟味​し​て​確かめ,こう​し​て​後​に​パン​から​取っ​て​食べ,また​杯​から​飲み​なさい。" (コリント第一 11:28) 。

- 第一コリント11章の直後の文脈によれば、「自己承認」とは、エンブレムを取る前に、神とキリストの前での良心の検査です。 クリスチャンは、キリストの死を記念するために参加する前に、神とキリストの前で忠実で、はっきりとした良心をもって見つけられなければなりません(テモテ第一3:9)(天国の、または地上の希望のすべての忠実なクリスチャン)    (The Heavenly Resurrection (144000); The Earthly Resurrection; The Great Crowd)

- キリストの「肉」と「血」を象徴的に食べるというキリストの明白な勧告は、すべての忠実なクリスチャンへの招待です(クリスチャンが天国または地上の希望を持っていること):

"「わたし​は​命​の​パン​+です。  あなた方​の​父祖​は​荒野​で​マナ​ を​食べ​まし​た​が,それでも​死に​まし​た。  これ​は​天​から​下っ​て​来る​パン​で​あり,だれ​で​も​それ​を​食べる​者​が​死な​ない​ため​の​もの​です。  わたし​は​天​から​下っ​て​来​た​生き​た​パン​です。だれ​で​も​この​パン​を​食べる​なら,その​人​は​永久​に​生き​ます。そして,本当​の​こと​です​が,わたし​が​与える​パン​と​は,世​の​命​の​ため​の​ わたし​の​肉​+な​の​です」。  その​ため,ユダヤ​人​たち​は,「どうして​この​人​は,自分​の​肉​を​わたしたち​に​与え​て​食べ​させる​こと​が​できる​の​か」と​言っ​て​互い​に​争い​はじめ​た。  そこで​イエス​は​彼ら​に​言わ​れ​た,「きわめて​真実​に​あなた方​に​言い​ます​が,人​の​子​の​肉​+を​食べ​ず,その​血​+を​飲ま​ない​かぎり,あなた方​は​自分​の​うち​に​命​+を​持て​ませ​ん。  わたし​の​肉​を​食し,わたし​の​血​を​飲む​者​は​永遠​の​命​を​持ち,わたし​は​その​人​を​終わり​の​日​に​復活​さ​せる​でしょ​う。  わたし​の​肉​は​真​の​食物​で​あり,わたし​の​血​は​真​の​飲み物​な​の​です。  わたし​の​肉​を​食し,わたし​の​血​を​飲む​者​は,ずっ​と​わたし​と​結びつい​て​いる​*の​で​あり,わたし​も​その​者​と​結びつい​て​い​ます。  生ける​+父​が​わたし​を​お遣わし​に​なり,わたし​が​父​に​よっ​て​生き​て​いる​の​と​同じ​よう​に,わたし​を​食する​者,その​者​も​また​わたし​に​よっ​て​生きる​の​です。  これ​は​天​から​下っ​て​来​た​パン​です。それ​は,あなた方​の​父祖​が​食べ​て​も​なお​死ん​だ​よう​な​もの​で​は​あり​ませ​ん。この​パン​を​食する​者​は​永久​に​生きる​の​です 」。" (ヨハネ 6:48‐58) 。

したがって、すべての忠実なクリスチャンは、キリストの死を記念してパンとワインに参加する必要があります (天国の、または地上の希望のすべての忠実なクリスチャン)。それはキリストの戒めです: "そこでイエスは彼らに言われた,「きわめて真実にあなた方に言いますが,人の子の肉 を食べず,その血+を飲まないかぎり,あなた方は自分のうちに命+を持てません。(...) 生ける 父がわたしをお遣わしになり,わたしが父によって生きているのと同じように,わたしを食する者,その者もまたわたしによって生きるのです" (ヨハネ6:53,57) (Jesus Christ the Only Path; The King Jesus Christ)

忠実なクリスチャンだけが、キリストの死を記念して招待されます: “その​よう​な​わけ​で,わたし​の​兄弟​たち,[それ​を]食べる​ため​に​集まる​際​に​は,互い​に​待ち合わせ​なさい。”( コリント第一 11:33) (In Congregation)

- あなたがキリストの死の記念に参加することを望み、あなたがクリスチャンでないならば、あなたは誠意をこめてキリストの戒めに従うことを望んで、バプテスマを受けなければなりません。"それゆえ,行って,すべての国の人々 を弟子とし,父 と子 と聖霊 との名において彼らにバプテスマを施し,わたしがあなた方に命令した事柄すべて を守り行なうように 教えなさい。そして,見よ,わたしは事物の体制 の終結*の時まで いつの日もあなた方と共にいるのです」" (マタイ28:19、20)。

イエスキリストの死の記憶をどのように「祝う」のですか?

「わたしの記念としてこれを行ないつづけなさい」

(ルカ22:19)

イエス・キリストの死を記念した祝いは、忠実なクリスチャンの間で、会衆や家族において、聖書の過越祭と同じでなければなりません(出エジプト記12:48、ヘブライ10:1、コロサイ2:17。コリント11:33)過越祭を祝った後、イエス・キリストは彼の死の記念の未来の祭典のためのパターンを設定しました(ルカ22:12-18)。彼らはこれらの聖書箇所、福音書にあります。

 - マタイ26:17-35。

- マルコ14:12-31。

- ルカ22:7-38。

 - ヨハネ13章から17章。

過越祭の儀式の後、イエス・キリストはこの儀式を別の儀式に置き換えました。キリストの死を記念したものです(ヨハネ1:29-36、コロサイ2:17、ヘブライ10:1)。

この移行の間、イエス・キリストは十二使徒たちの足を洗われました。それは例として教えることでした:互いに謙虚であること(ヨハネ13:4‐20)。それにもかかわらず、この出来事は記念の前に練習する儀式と見なされるべきではありません(ヨハネ13:10とマタイ15:1−11を比較してください)。しかし、物語は、その後、イエス・キリストが「彼の外側の衣服を着る」ことを私たちに知らせています。ですから、私たちはきちんと服を着なければなりません(ヨハネ13:10a、12、マタイ22:11-13と比較)。ところで、イエス・キリストの処刑場で、兵士たちはその晩着ていた服を奪いました。ヨハネによる福音書第19章23,24節は、イエス・キリストが「上からすべての長さに渡って織られた継ぎ目のない内側の衣服」を着ていたことを私たちに伝えています。兵士たちはそれを引き裂くことさえあえてしませんでした。イエス・キリストは儀式の重要性と一致して上質の服を着ていました。聖書に書かれていない規則を定めずに、服を着る方法について正しい判断を下します(ヘブル5:14)。

イスカリオテのユダが式典の前に去った。これは、この儀式が忠実なクリスチャンの間でのみ祝われることを示しています(マタイによる福音書第26章20-25節、マルコ14:17-21、ヨハネ13:21-30、ルカの物語は必ずしも年代順ではありません。"論理的な順序 "(最初からルカ22:19-23とルカ1:3を比較して、それらを論理的な順序で書く" 1コリント11:28,33))。

記念式典は非常に簡単に記述されています:「彼らが食事を続けていると,イエスはパンを取り,祝とうを述べてからそれを割き,弟子たちに与えて,こう言われた。「取って,食べなさい。これはわたしの体を表わしています」。また,杯を取り,感謝をささげてからそれを彼らに与え,こう言われた。「あなた方はみな,それから飲みなさい+。これはわたしの『契約の血 』を表わしており,それは,罪の許しのため,多くの人のために注ぎ出されることになっているのです。しかしあなた方に言いますが,わたしの父の王国であなた方と共にそれの新しいものを飲むその日まで,わたしは今後決してぶどうの木のこの産物を飲みません」。最後に,賛美を歌ってから,彼らはオリーブ山に出て行った」 (マタイ26:26-30)。イエス・キリストは、この儀式の理由、彼の犠牲の意味、酵母のないパン画像が表すもの、彼の体の象徴罪なしで、そしてカップ、彼の血の象徴を説明しました。彼は、弟子たちが毎年、ニサンの14日に彼の死の記憶を祝うように頼みました(ユダヤ暦月)(ルカ22:19)。

ヨハネの福音書は、この儀式の後、おそらくヨハネ13時31分からヨハネ16時30分までの間にキリストの教えを教えてくれます。その後、ヨハネによる福音書第17章によると、イエス・キリストは彼の父に祈りました。それはマタイ26:30に書かれています: "最後に,賛美+を歌ってから,彼らはオリーブ山に出て行った"。賛美の歌がイエス・キリストの祈りの後に起こったようです。

式典

私たちはキリストの模範に従わなければなりません。儀式は一人の人、長老、牧師、クリスチャン会衆の司祭によって組織されなければなりません。式典が家族で行われる場合、それを祝うのは家族のクリスチャンヘッドです。男がいない場合、儀式を組織するクリスチャンは忠実な年配の女性から選ばれるべきです(テトス2:3)。彼女は彼女の頭を覆わなければならないでしょう(コリント第一11:2‐6)。

儀式を組織する者は、福音書の物語に基づいて、この状況で聖書の教えを決定します。エホバ神への最後の祈りが届けられます。賛美はエホバ神に歌われるかもしれません そして彼の息子イエス・キリストへのオマージュとして。

パンについては、穀物の種類については言及されていませんが、酵母なしで作らなければなりません(未発酵パンの作り方(ビデオ))。ワインに関しては、いくつかの国では忠実なクリスチャンがそれを持つことができない可能性があります。この特別なケースでは、長老たちは聖書に基づいて最も適切な方法でそれを置き換える方法を決定します(ヨハネ19:34)。イエス・キリストはある特定の例外的な状況では例外的な決定がなされることができそして神の憐れみがこの状況で適用されることを示しました(マタイ12:1-8)。

儀式の正確な期間についての聖書の指示はありません。ですから、この特別な集会をキリストが終えたのと同じように、この出来事を主催して、良い判断を示すのです。式典のタイミングについての唯一の重要な聖書のポイントは以下の通りです:イエス・キリストの死の記憶は「2つの夜の間に」祝われなければなりません:日の入り後13/14「日産」、そして日の出前。ヨハネ13:30は、式典の直前にイスカリオテのユダが去ったとき、「夜だった」と伝えています(出エジプト記12:6)。

エホバ神は聖書の過越祭に関するこの律法を定めました:「また,過ぎ越しの祭りの犠牲を朝まで夜通しとどめておいてはいけない」(出エジプト記34:25)。なんで? paschal子羊の死は「2つの夜の間」に起こることでした。神の子羊であるキリストの死は、“裁き”、“二つの夜の間”、朝前、“雄鶏の鳴き声の前”で宣言されました。 "すると,大祭司は自分の外衣を引き裂いて言った,「この者は冒とくした! このうえ証人が必要だろうか。見てください,あなた方は今,冒とくの言葉を聞いたのです 。 あなた方の意見はどうでしょうか」。「彼は死ななければならない 」と彼らは返答した。(...) するとすぐにおんどりが鳴いた。 それでペテロは,「おんどりが鳴く前に,あなたは三度わたしのことを否認するでしょう」と言われたイエスのことばを思い出した"(マタイ26:65−75。 詩篇94:20「彼は法令によって不幸を形作っている」。 ジョン1:29−36。 コロサイ2:17; ヘブライ10:1)。神は彼の御子イエス・キリストを通して、全世界の忠実なクリスチャンを祝福します、アーメン。

 

何のために?

サイトの目的

何をすべきか?

聖書の教え

メインメニュー(英語)

 

TWITTER

FACEBOOK

FACEBOOK BLOG