なぜ神は今日まで苦しみと邪悪を残されたのですか?

「エホバ,私はいつまで助けを求めて叫ばなければならないのですか。あなたは聞いてくださらないのですか。私はいつまで暴力からの救出を願わなければならないのですか。あなたは介入してくださらないのですか。私に悪事を見させるのはどうしてですか。圧制を見過ごしておられるのはどうしてですか。私の前に破壊や暴力があるのはなぜですか。口論や争いがあまりにも多いのはなぜですか。律法は力を失い,公正が全く守られていません。悪い人が正しい人を取り囲んでいるため公正がゆがめられています」

ハバクク12-4

「さらに私はこの地上で行われている虐げの行為全てに注意を向けた。私は虐げられている人たちの涙を見た。彼らには慰めてくれる人がいなかった。彼らを虐げる人たちには力があり,彼らには慰めてくれる人がいなかった。(...) 私はむなしい生涯の間に全てを見た。正しい人が正しいことを行っていても死んでいき悪人が悪いことを行うにもかかわらず長生きする。(...) 私はこの全てを見た。地上で行われた全てについて真剣に考えた。これまでずっと人は人を支配し人に害を及ぼしてきた。(...) 地上でむなしいことが起きている。正しい人が悪を行ったかのように扱われ悪人が正しいことを行ったかのように扱われている。私はこれもまたむなしいと言う。(...) 私は権力者が召し使いのように歩いているのに召し使いが馬に乗っているのを見た」

伝道の書41; 7:15; 89,14; 107

「創造物はむなしい状態に置かれましたが自分の意志でそうなったのではなく神によってそのようにされ同時に希望を与えられたからです」

ローマ8:20

「試練に遭う時「神から試されている」と言ってはなりません。悪い事柄によって神が試されることはなく誰かを試すこともないからです」

(ヤコブ1:13

なぜ神は今日まで苦しみと邪悪を残されたのですか?

この状況の本当の犯人は悪魔のサタンであり、聖書では告発者と呼ばれています(黙示録12:9)。 神の子イエス・キリストは、悪魔は嘘つきで人類の殺人者であると言われました(ヨハネ8:44)。 主な料金は2つあります。

1-神の主権の質問。

2-人間の誠実さの質問。

重大な告発がなされると、最終的な判断に時間がかかります。ダニエルの第7章の予言は、神の主権と人間の誠実さが関係する審判の状況を示しています。そこでは、次のような判断があります:「その方の前から火が川のように流れ出ていた。その方に仕えている者は千の千倍,その方の前に立っている者は1万の1万倍いた。法廷 が開廷し,書物が開かれた。(...) しかし,法廷が開廷し,彼の統治権を取り去りました。彼を根絶やしにし,完全に滅ぼすためです」(ダニエル7:10,26)。このテキストに書かれているように、常に神に属していた地球上の支配は彼に戻ります。この法廷の図解はイザヤの第43章に示されています。そこでは、神の僕は彼の「証人」であると書かれています:「エホバはこう宣言する。「あなたたちは私の証人である。私に仕える者であり,私が選んだのである。あなたたちが私を知り,私に信仰を持ち,私が変わらないことを理解するために。私の前に存在するようになった*神はおらず,私の後にもいない。私,この私がエホバであり,ほかに救い主はいない」」(イザヤ​書43:10,11)。イエス・キリストは、神の「忠実な証人」とも呼ばれています(黙示録1:5)。

これら二つの重大な告発に関連して、エホバ神はサタンと人類に、神の主権なしに地球を支配できるかどうかという証拠を提示するために、6、000年以上の時間を与えました。 私たちはこの経験の終わりにあり、悪魔の嘘は、人類が完全な破滅の危機に瀕しているという壊滅的な状況によって明らかにされています(マタイ24:22)。 裁きと破壊は大患難で起こります(マタイ24:21; 25:31-46)。 それでは、創世記の第2章と第3章、およびヨブ記の第1章と第2章で、悪魔の2つの告発をより具体的に扱いましょう。

これら二つの重大な告発に関連して、エホバ神はサタンと人類に、神の主権なしに地球を支配できるかどうかという証拠を提示するために、6、000年以上の時間を与えました。 私たちはこの経験の終わりにあり、悪魔の嘘は、人類が完全な破滅の危機に瀕しているという壊滅的な状況によって明らかにされています(マタイ24:22)。 裁きと破壊は大患難で起こります(マタイ24:21; 25:31-46)。 それでは、創世記の第2章と第3章、およびヨブ記の第1章と第2章で、悪魔の2つの告発をより具体的に扱いましょう。

1-神の主権の質問

創世記第2章は、神が人を創造し、エデンの庭 に入れたと私たちに告げています。アダムは理想的な状態にあり、大きな自由を楽しんでいました(ヨハネ8:32)。しかし、神はこの自由に制限を設けました。木:「エホバ神は人をエデンの園に住ませた。そこを耕させ,管理させるためだった。 エホバ神は人にこう命じた。「庭園の全ての木の実を満足するまで食べてよい。 しかし,善悪の知識の木の実は,食べてはならない。それを食べた日にあなたは必ず死ぬからである」」(創世記2:15-17) 。 「善と悪の知識の木」は、単に善と悪の抽象的な概念の具体的な表現でした。今、この本物の木、具体的な限界、「善と悪の(具体的な)知識」。今、神は「良い」と彼に従うことと「悪い」、不従順との間に限界を設定しました。

この神の戒めが難しくなかったことは明らかです(マタイ11:28-30「私のくびきは簡単で私の負担は軽い」と1ヨハネ5:3)。 ちなみに、「禁断の果実」は性交だと言う人もいます。神がこの命令を下されたとき、イブは存在しなかったので、これは間違っています。 神はアダムが知ることができないことを禁じるつもりはありませんでした(創世記2章15-17節(神の命令)と2章18-25節(イブの創造))。

悪魔の誘惑

「さて,エホバ神が造った野生動物の中で蛇 が最も用心深かった。蛇が女に言った。「あなたたちは庭園の全ての木の実を食べてはならない,と神が言ったのは本当ですか」。女は蛇に言った。「私たちは庭園の木の実を食べてよいのです。 でも,庭園の真ん中にある木の実について,神は,『食べてはならない。触れてもならない。食べたり触れたりするなら死ぬ』と言いました」。 蛇は女に言った。「あなたたちは決して死にません。 その木の実を食べた日に,目が開かれ,あなたたちが神のようになって善悪を知るようになることを神は知っているのです」。そこで女がその木を見ると,おいしそうな実が付いていて,魅力的な美しい木に見えた。それで女はその木の実を取って食べ始めた。その後,一緒にいた時に夫にも渡した。夫もそれを食べ始めた」(創世記3:1-6)。

神の主権は悪魔によって公然と攻撃されました。 サタンは、神が自分の生き物に危害を加える目的で情報を差し控えていることを公然と暗示しました,「神は知っているからです」。

なぜサタンはアダムではなくイブに話しかけたのですか?それは書かれている: 「そしてアダムはだまされなかったが、完全にだまされた女性は罪に陥った」(テモテ第一2:14)と書かれています。 なぜイブはだまされたのですか? 彼の若さのために、アダムは少なくとも40歳以上でした。 したがって、サタンはイブの経験不足を利用しました。 しかし、アダムは自分が何をしているのかを知っていたので、故意に罪を犯すことを決心しました。 この悪魔の最初の告発は、神の主権に対する攻撃でした(黙示録4:11)。

神の裁きと約束

その日の終わりの少し前、日没の前に、神は彼の裁きを下されました(創世記3:8-19)。裁きの前に、エホバ神は質問をされました。答えは次のとおりです。「人は言った。「あなたが私に下さった女,その女がくれたので食べました」。 そこでエホバ神は女に言った。「あなたがしたのは,いったいどういうことか」。女は答えた。「蛇が私をだましたのです。それで食べました」」 (創世記3:12、13)。彼らの罪悪感を認めるどころか、アダムとイブの両方が自分たちを正当化しようとしました。創世記3章14-19節では、神の裁きと、神の目的の達成の約束を読むことができます。「そして私は,あなた と女 の間,またあなたの子孫 と 女の子孫 の 間に敵意を置く。彼 はあなたの頭を砕き,あなたは彼のかかとに傷を負わせる」(創世記3:15)。この約束によって、エホバ神はご自分の目的が果たされ、悪魔サタンが滅ぼされると言われました。その瞬間から、罪は世界に入り、その主な結果である死は次のようになります。「このような訳で,1人の人によって人類に罪 が入り,罪によって死が入り,こうして,全ての人が罪人になったために,死が全ての人に広がったように」(ローマ5:12)。

2-人間の誠実さの質問

悪魔は言った人間性に欠陥があったこと。それは悪魔の告発ですヨブの完全性に対して。「エホバはサタンに,「どこから来たのか」と尋ねた。サタンはエホバに答えた。「地上を巡り,歩き回ってきました」。 エホバはサタンに言った。「私に仕えるヨブに注目したか。地上に彼のような人はほかにいない。神に忠誠を尽くす*正直な人で,神を畏れ,悪から離れている」。サタンはエホバに答えた。「ヨブは本当に純粋な気持ちで神を畏れているのでしょうか。 彼も家族も全ての持ち物も,あなたが柵で囲んで守ったのではありませんか。あなたの祝福によって彼の仕事はうまく運び,家畜は非常に多くなりました。 試しに,あなたの手を出して,彼の持つもの全てを破壊してください。彼はきっと面と向かってあなたを侮辱します」。 エホバはサタンに言った。「いいだろう,彼の持つもの全てをあなたの手に委ねよう。ただし,彼自身に手を出してはならない!」 そこで,サタンはエホバの前から出ていった。(...) エホバはサタンに,「どこから来たのか」と尋ねた。サタンはエホバに答えた。「地上を巡り,歩き回ってきました」。 エホバはサタンに言った。「私に仕えるヨブに注目したか。地上に彼のような人はほかにいない。神に忠誠を尽くす 正直な人で,神を畏れ,悪から離れている。今でも私に忠誠を尽くしている。あなたが私をけしかけ,不当にも彼を破滅させ ようとしているのに」。 サタンはエホバに答えた。「誰でも自分の身が一番*です。人は自分の命を守るために,自分が持つもの全てを差し出します。 試しに,あなたの手を出して,彼の体に傷を負わせてください。彼はきっと面と向かってあなたを侮辱します」。エホバはサタンに言った。「いいだろう,あなたの手に委ねよう。ただし,命を奪ってはならない!」」(ヨブ1:7-12; 2:2-6)。

悪魔サタンによると、人間の欠点は、彼への愛からではなく、自己利益と日和見主義から神に仕えることです。 圧力の下で、彼の所有物の喪失と死への恐れによって、人は神に忠実であり続けることができません。 しかし、ヨブはサタンがうそつきであることを示しました。ヨブはすべての所有物を失い、10人の子供を失い、病気でほとんど死にました(ヨブ​記1と2)。 3人の空似言葉がジ ヨブ​を心理的に拷問しました, 彼のすべての不幸は隠された罪によるものであり、それゆえ神は彼の罪悪感と邪悪さのために彼を罰していたと言った。 それにもかかわらず、ヨブは彼の誠実さをあきらめず、「あなた方を正しいと認めるなど私には考えられない! 私は死ぬまで忠誠を貫く!」(ヨブ​記27:5)。

しかし、人間の完全性に関する悪魔の最も重要な敗北は、死ぬまで神に従ったイエス・キリストの勝利でした。「その上,人として来た時,謙遜さを示し,死に至るまで従順でした。苦しみの杭 に掛けられて死ぬことを受け入れたのです」(フィリピの信徒への手紙第2章8節)。 イエス・キリストは、彼の誠実さによって、彼の父に非常に貴重な霊的勝利を提供しました。それが彼が報われた理由です。「そのため,神はキリストをさらに上の地位に就け,あらゆる名に勝る名を喜んで与えました。 それは,天の者,地上の者,地下の者*全てがイエスの名によってひざまずくようになるため,また,全ての者 がイエス・キリストは主であるという確信を言い表し,父である神をたたえるようになるためでした」(フィリピ2:9 -11)。

放蕩息子のイラストの中で、イエス・キリストは、神の権威が一時的に疑問視されたときの父の行動の仕方についてのより良い理解を私たちに与えてくれます(ルカ15:11-24)。 息子は父親に相続と家を出るように頼んだ。 父親は、成人した息子がこの決定を下すだけでなく、その結果に耐えることを許可しました。 同様に、アダムは彼の自由な選択を使用しましたが、結果にも苦しみました。 それは人類の苦しみに関する次の質問に私たちをもたらします。

苦しみの原因

苦しみは4つの主な要因の結果です

1-悪魔は苦しみを引き起こす人です(常にではありません)(ヨブ1:7-12; 2:1-6)。 イエス・キリストによれば、彼はこの世の支配者です。「今,この世は裁かれています。もうこの世の支配者 は追い出されます」(ヨハネ12:31;ヨハネ第一5:19)。 これが人類全体が不幸な理由です。「私たちが知っている通り,創造物全てはこれまでずっと共にうめき,共に苦痛を感じています」(ローマ人への手紙第8章22節)。

2-苦しみは私たちが罪人であるという結果であり、それは私たちを老年、病気、そして死に導きます。「このような訳で,1人の人によって人類に罪 が入り,罪によって死が入り,こうして,全ての人が罪人になったために,死が全ての人に広がったように―。(…)罪の代償 は死ですが」(ローマ5:12; 6:23)。

3-苦しみは(私たちまたは他の人間の)悪い決定の結果である可能性があります:「自分が願っている善い事柄は行わず,願っていない悪い事柄をいつも行います」 (申命記32:5;ローマ7:19)。 苦しみは「カルマの法則」の結果ではありません。 ヨハネの第9章で読むことができるのは次のとおりです。「イエスが歩いていくと,生まれつき目が見えない男性がいた。弟子たちがイエスに尋ねた。「ラビ,この人が生まれつき目が見えないのは,誰が罪を犯したからですか。本人ですか,それとも親ですか」。イエスは答えた。「この人や親が罪を犯したからではありません。この件で,神の力*が明らかにされます」(ヨハネ9:1-3)。 彼の場合、「神の働き」は盲人の奇跡的な癒しとなるでしょう。

4-苦しみは「予期せぬ時間と出来事」の結果である可能性があり、それは人を間違った時間に間違った場所に置く原因になります。「私はこの地上で次のことも知るようになった。足の速い人がいつも競走に勝つわけでも,強い人が戦いに勝つわけでもない。また,賢い人がいつも食事にありつけるとは限らない。知的な人が裕福になるとも,知識がある人が成功するとも限らない。なぜなら,思いも寄らないことがいつ誰にでも起きるからだ。 人は自分にいつ不幸が生じるかを知らない。まるで,残酷な網に掛かる魚や,わなに掛かる鳥のように,人も,突然起きる災難の時にわなに掛かる」(伝道の書9:11.12)。

イエス・キリストは、多くの死をもたらした2つの悲劇的な出来事について次のように述べています。「その時,居合わせた人たちがイエスに,犠牲を捧げていたガリラヤ人たちをピラトが殺したことについて知らせた。 そこでイエスは言った。「そのガリラヤ人たちはそうした苦しみに遭ったのだから他の全てのガリラヤ人よりひどい罪人だったのだ,と思いますか。 決してそうではありません。しかし皆さんも,悔い改めないなら,滅ぼされます。 また,シロアムの塔が倒れて死んだあの18人はエルサレムの他の全ての住民より罪が重かった,と思いますか。決してそうではありません。しかし皆さんも,悔い改めないなら,滅ぼされます」(ルカ13:1-5)。イエス・キリストは、事故や自然災害の犠牲者であった人々が他の人々よりも罪を犯したこと、あるいは神がそのような出来事を引き起こしたことでさえ、罪人を罰することを決して示唆しませんでした。それが病気であれ、事故であれ、自然災害であれ、それらを引き起こすのは神ではなく。

神はこのすべての苦しみを取り去るでしょう。「その時,王座から大きな声がした。「見なさい! 神の天幕が人々と共にあり,神は人々と共に住み,人々は神の民となります。神が人々と共にいるようになるのです。 神は人々の目から全ての涙を拭い去ります。もはや死はなくなり,悲しみも嘆きも苦痛もなくなります。以前のものは過ぎ去ったのです」」(黙示録21:3,4)。

運命と自由な選択

「運命」は聖書の教えではありません。 私たちは善悪を行うように「プログラム」されていませんが、「自由な選択」に従って、善悪を選択します(申命記30:15)。 この運命の見方は、多くの人が未来を知る神の能力について持っているという考えと密接に関連しています。 神が彼の能力をどのように使って未来を知るかを見ていきます。 聖書から、いくつかの聖書の例を通して、神がそれを選択的かつ裁量的な方法で、または特定の目的のために使用していることがわかります。

神は、裁量的かつ選択的な方法で、未来を知る能力を使用します

神はアダムが罪を犯そうとしていることを知っていましたか? 創世記2章と3章の文脈から、いいえ。 神は命令を与えません、彼 従わないことを事前に知っている。 これは彼の愛に反しており、この神の命令は難しくありませんでした(1ヨハネ4:8; 5:3)。 これは、神が選択的かつ裁量的な方法で未来を知る能力を使用していることを示す2つの聖書の例です。 しかしまた、彼は常にこの能力を特定の目的のために使用します。

アブラハムを例にとってみましょう。 創世記22章1-14節で、神はアブラハムに息子のイサクを犠牲にするように求められました。 神はアブラハムが従順であることを前もって知っていましたか? ストーリーの直接のコンテキストに応じて、いいえ。 最後の瞬間、神はアブラハムにそれをしないように言われました。「天使はこう言った。「少年を傷つけてはいけません。何もしてはなりません。今,あなたが神を畏れていることがよく分かりました 」(創世記22:12)。 「あなたが神を恐れていることを今私は本当に知っています」と書かれています。 「今」という言葉は、神がアブラハムがこの要求に最後まで従うかどうかを知らなかったことを示しています。

2番目の例は、ソドムとゴモラの破壊に関するものです。 神が悪い状況を見るために二人の天使を遣わされたという事実は、最初は決定を下すためのすべての証拠を持っておらず、この場合、神は二人の天使によって知る能力を使用したことをもう一度示しています(創世記18章: 20,21)。

さまざまな予言的な聖書の本を読むと、神は非常に特定の目的のために、未来を知る能力をまだ使用していることがわかります。簡単な聖書の例を見てみましょう。レベッカは双子を妊娠していましたが、問題は、2人の子供のうちどちらが神によって選ばれた国の祖先になるかということでした(創世記25:21-26)。エホバ神はエサウとヤコブの遺伝的構成を簡単に観察し(ただし、将来の行動を完全に制御するのは遺伝学ではありません)、将来を調べて、彼らがどのような男性になるかを調べました。「あなたの目は胎児の私を見ました。 私のあらゆる部分があなたの書に書かれました。 それらが形作られる日々のことが, まだどの部分もできていない時に書かれました」(詩篇139:16)。この知識に基づいて、神は選ばれました(ローマ9:10-13;使徒1:24-26「すべての人の心を知っているエホバよ、あなた」)。

神は私たちを守ってくださいますか?

私たちの個人的な保護に関する神の考えを理解する前に、3つの重要な聖書のポイントを考慮することが重要です(1コリント2:16)。

1-イエス・キリストは、死で 終わる 現在の人生は、すべての人間にとって暫定的な価値があることを示しました(ヨハネ11:11(ラザロの死は「眠り」と表現されています))。 さらに、イエス・キリストは、重要なのは永遠の命の見通しであることを示しました(マタイ10:39)。 使徒パウロは、「真のいのち」は永遠のいのちの希望に集中していることを示しました(テモテ第一6:19)。

使徒言行録を読むと、時々神は保護しません,使徒ジェームズとスティーブンの場合(使徒7:54-60; 12:2)。 他の場合では、神は保護することを決めました。 たとえば、使徒ジェームズの死後、神は使徒ペテロを同じ死から守ることを決心しました(使徒12:6-11)。 一般的に言って、聖書の文脈では、神の僕の保護はしばしば彼の目的に関連しています。 たとえば、使徒パウロの保護には、より高い目的がありました。彼は王に説教することでした(使徒27:23,24; 9:15,16)。

2-私たちは、サタンの2つの挑戦の文脈で、特にヨブに関する発言の中で、神の保護についてのこの質問をしなければなりません。 「彼も家族も全ての持ち物も,あなたが柵で囲んで守ったのではありませんか。あなたの祝福によって彼の仕事はうまく運び,家畜は非常に多くなりました」 (ヨブ1:10)。 誠実さの問題に答えるために、神はヨブからだけでなく、すべての人類からも彼の保護を取り除くことに決めました。 イエス・キリストは、彼が死ぬ直前に、詩篇22:1を引用して、神が彼からすべての保護を取り除いたことを示しました。その結果、彼は犠牲として死にました(ヨハネ3:16;マタイ27:46)。 しかし、人類全体に関しては、この神の保護の欠如は完全ではありません、神が悪魔にヨブを殺すことを禁じたように、それがすべての人類にとって同じであることは明らかだからです(マタイ24:22と比較してください)。

3-苦しみは「予期せぬ時と出来事」の結果である可能性があることを上で見てきました。つまり、人々は間違った時間に、間違った場所で自分自身を見つけることができます(伝道の書9:11,12)。 したがって、人間は一般的に、アダムによって最初に行われた選択の結果から保護されていません。 人は年をとり、病気になり、そして死にます(ローマ5:12)。 彼は事故や自然災害の犠牲者になる可能性があります(ローマ8:20;伝道の書には、必然的に死に至る現在の生活の無益さについての非常に詳細な説明が含まれています。「何とむなしいことか!」と招集者は言う。「何とむなしいことか! 全てはむなしい!」」 (伝道の書1:2))。

さらに、神は彼らの悪い決定の結果から人間を保護しません:「思い違いをして はなりません。神はご自分を侮る者を大目に見ることはありません。人は自分がまいているものを必ず刈り取ることになります。 罪深い欲望のままにまいている人は,罪深い欲望によって腐敗を刈り取り,聖なる力 に導かれてまいている人は,聖なる力によって永遠の命を刈り取ることになるのです」(ガラテヤ6:7,8)。 神が比較的長い間人類を無益なままにしておられたなら、それは私たちの罪深い状態の結果から神が彼の保護を撤回したことを私たちに理解させることができます。 確かに、すべての人類にとってこの危険な状況は一時的なものです(ローマ8:21)。 悪魔の告発が解決された後、人類は地上の神の慈悲深い保護を取り戻すでしょう(詩篇91:10-12)。

これは、現在、私たちがもはや神によって個別に保護されていないことを意味しますか?神が私たちに与えてくださる保護は、私たちが最後まで耐え忍ぶならば、永遠の命の希望という観点から、私たちの永遠の未来の保護です(マタイ24:13;ヨハネ5:28,29;使徒24:15;黙示録7:9 -17)。さらに、終わりの日のしるしについてのイエス・キリストの説明(マタイ24、25、マルコ13、ルカ21)では、そして黙示録(特に第6章1-8章と12:12章)、人類が1914年以来大きな不幸を抱えていることを示しています これは、しばらくの間、神がそれを保護しないことを示唆しています。しかし、神は聖書、神の言葉に含まれている神の慈悲深い導きを適用することによって、私たちが個人的に自分自身を守ることを可能にしてくださいました。大まかに言えば、聖書の原則を適用することは、私たちの生活を不当に短くする可能性のある不必要なリスクを回避するのに役立ちます(箴言3:1,2)。運命のようなものはないことを上で見ました。ですから、神の導きである聖書の原則を適用することは、私たちの命を守るために、通りを渡る前に左右を注意深く見るようなものです(箴言27:12)。

さらに、使徒ペテロは祈りの必要性を主張しました。「全てのものの終わりが近づいています。ですから,健全な考え方をしましょう 。また,祈ることを常に意識して いましょう」(ペテロ第一4:7)。 祈りと瞑想は私たちの霊的なバランスを守ることができます(ピリピ4:6,7;創世記24:63)。 人生のある時点で神に守られていると信じている人もいます。 それどころか、聖書にはこの例外的な可能性が見られるのを妨げるものは何もありません。「私は,好意を示したい者に好意を示し,憐れみを示したい者に憐れみを示す」(出エジプト記33:19)。 判断してはいけません。 「他人の召し使いを批判するとは,あなたは何者なのですか。その人が立つのも倒れるのも,その人と主人との間でのことなのです。実際,その人は立つようにされます。エホバ*はその人を立たせることができるからです」(ローマ14:4)。

兄弟愛と助け合う

苦しみが終わる前に、私たちはお互いを愛し、助け合う必要があります それは、周囲の苦しみを和らげるためです。「私はあなたたちに新しいおきてを与えます。それは,互いに愛し合うことです。私があなたたちを愛した通りに,あなたたちも互いを愛しなさい。 あなたたちの間に愛があれば,全ての人は,あなたたちが私の弟子であることを知ります」(ヨハネ13:34,35)。 イエス・キリストの異母兄弟である弟子のジェームズは、苦しんでいる隣人を助けるために、この種の愛は行動やイニシアチブによって示されなければならないと書いています(ジェームズ2:15,16)。 イエス・キリストは言った 決して私たちに払い戻すことができない人々を助けるために(ルカ14:13,14)。 これを行うことで、ある意味で、私たちはエホバに「貸し」、エホバはそれを私たちに返済します...百倍(箴言19:17)。

イエス・キリストが私たちに永遠の命を与えることを可能にする憐れみの行為として述べていることを読むのは興味深いことです。「私が飢えると食べ物を与え,喉が渇くと飲み物を与えてくれたからです。よそから来ると温かく迎え, 裸でいる と服を与えてくれました。病気になると世話をし,牢屋にいると訪問してくれました』」(マタイ25:31-46)。 これらの行動のすべてにおいて、「宗教的」と見なされる可能性のある行動はないことに注意する必要があります。 どうして ? 多くの場合、イエス・キリストはこの助言を繰り返しました。「犠牲ではなく、憐れみが欲しい」(マタイ9:13; 12:7)。 「慈悲」という言葉の一般的な意味は、行動中の思いやりです(より狭い意味は許しです)。 私たちが彼らを知っているかどうかにかかわらず、困っている人を見て、私たちがそうすることができれば、私たちは彼らを助けます(箴言3:27,28)。

犠牲は、神の崇拝に直接関係する霊的な行為を表しています。 ですから明らかに私たちと神との関係が最も重要です。 それにもかかわらず、イエス・キリストは、「犠牲」という口実を使って年老いた両親を助けない同時代の人々の何人かを非難しました(マタイ15:3-9)。 神の御心を行わなかった人々についてイエス・キリストが言われたことに注目するのは興味深いことです。「その日には,多くの人が私に向かって『主よ,主よ,私たちはあなたの名によって預言し,あなたの名によって邪悪な天使たちを追い出し,あなたの名によって多くの強力な行いをしなかったでしょうか』と言います」(マタイ7:22)。 マタイ7:21-23と25:31-46およびヨハネ13:34,35を比較すると、霊的な「犠牲」と憐れみが2つの非常に重要な要素であることがわかります(1ヨハネ3:17,18;マタイ5 : 7)。

神は人類を癒してくださいます

神が苦しみと邪悪を残された理由に関する預言者ハバクク(1:2-4)の質問に対する答えは、次のとおりです。「するとエホバは私に答えた。「この幻について書き,板にはっきり記し,朗読する人が読みやすい ようにせよ。 この幻は定められた時のためのもので,終わり に向かって急いでおり,偽りではない。たとえ遅れるとしても,待ち続けよ。

必ずその通りになるからである。遅くなることはない!」」(ハバクク2:2,3)。 これは、この非常に近い将来の希望の「ビジョン」についての聖書のテキストであり。

「また私は,新しい天と新しい地+を見た。以前の天と以前の地は過ぎ去っており,海 はもはやない。 さらに見ると,聖なる都市である新しいエルサレムが,花婿のために着飾った花嫁のように,天から,神のもとから下ってきた。 その時,王座から大きな声がした。「見なさい! 神の天幕が人々と共にあり,神は人々と共に住み,人々は神の民となります。神が人々と共にいるようになるのです。神は人々の目から全ての涙を拭い去ります。もはや死はなくなり,悲しみも嘆きも苦痛もなくなります。以前のものは過ぎ去ったのです」」(黙示録21:1-4)。

「オオカミが子羊と共に過ごし, ヒョウが子ヤギと共に寝そべる。子牛とライオンと肥えた動物が皆一緒にいて,小さな子供に導かれる。雌牛と熊が一緒に食べ,子牛と子熊も共に寝そべる。ライオンが雄牛のようにわらを食べる。乳児がコブラの巣の上で遊び,乳離れした子が毒蛇の巣穴の上に手を置く。私の聖なる山のどこにも,荒らしたり危害を加えたりするものはいない。水が海を覆っているように,エホバについての知識が必ず地上に満ちるからで ある」(イザヤ11:6-9)。

「その時,目が見えない人は見えるようになり,耳が聞こえない人は聞こえるようになる。その時,足が不自由な人は鹿のように跳びはね,口が利けない人 は歓声を上げる。荒野に水が湧き出て,砂漠平原に川が流れる。熱で乾き切った地面はアシが茂る池になり,乾燥した地面は泉になる。ジャッカルが休んでいたすみかには,青草やアシやパピルスが生える」(イザヤ35:5-7)。

「そこには,数日しか生きない乳児も,寿命を全うしない老人もいなくなる。罪人は100歳であっても災いを受け,100歳で死んだ者も少年と見なされるのである。人々は家を建てて住み,ブドウ園を造って実を食べる。建てた家に他人が住むことはなく,植えた物を他人が食べることもない。私の民の寿命は木の寿命のようになり,私が選んだ者たちは働く喜びを存分に味わう。彼らは無駄に労苦することはなく,生まれる子たちが苦しむこともない。彼らとその子孫は,エホバに祝福された民だからである。彼らが呼び掛ける前に私は答え,彼らがまだ話しているうちに私は聞き入れる」(イザヤ65:20-24)。

「彼の肉体を若い頃よりも元気にし,彼を活力にあふれた若い日々に戻そう」(ヨブ33:25)。

「大軍を率いるエホバはこの山 で全ての人々のために,豪華な料理の宴を,上等の ぶどう酒の宴を催す。骨髄をふんだんに使った豪華な料理の宴,こされた上等のぶどう酒の宴である。神はこの山で,全ての人々を包んでいる覆いと,全ての国を覆っている織物*を取り除く。神は死を永久にのみ込む。主権者である主エホバは全ての顔から涙を拭う。ご自分の民に対する非難を全世界から除き去る。エホバご自身がそう語ったのである」(イザヤ25:6-8)。

「あなたの死者は生きる。私の民の死体 は起き上がる。土の中に住む者たち,目を覚まし,歓声を上げなさい!あなたの露は朝露*のようであり,大地は無力な死者を生き返らせる」(イザヤ26:19)。

「地面の中で眠っている多くの人が目を覚まします。ある人たちは永遠の命を得,ある人たちはとがめられて永久に嫌悪されます」(ダニエル12:2)。

「このことに驚いてはなりません。記念の墓の中にいる人が皆,彼の声を聞いて出てくる時が来るのです。良いことをした人は命の復活へ,悪いことを行った人は裁きの復活へと出てきます」(ヨハネ5:28,29)。

「また,私はこの方たちと同じ希望を持っております。神が正しい人も正しくない人 も復活 させてくださるという希望です」(使徒行伝第24:15)。

悪魔のサタンは誰ですか?

イエス・キリストは、悪魔が誰であるかを、「その者はその始まりから人殺しで,真理から離れました。真理を好まないからです。彼にとって,うそを語るのは自然なことです。うそつきで,うその根源 だからです」(ヨハネ8:44)。 悪魔のサタンは悪の概念ではなく、真の霊の生き物です(マタイ4:1-11の記述を参照)。 同様に、悪霊もまた、悪魔の模範に従った反逆者となった天使です(創世記6:1-3、ユダの手紙6節と比較してください:「また,本来の立場にとどまらずに自分の居場所から離れた天使たちを,永遠の鎖で縛り,刑を執行する大いなる日まで濃い闇の中に閉じ込めています」)。

神は、罪がなく、心に邪悪がないこの天使を創造されました。この天使は、彼の人生の初めに「美しい名前」を持っていました(伝道の書7:1a)。しかし、彼は直立したままではなく、彼の心にプライドを培い、やがて彼は「悪魔」になりました。彼の古い美しい名前、彼の評判は、永遠の恥の意味を持つ別のものに置き換えられました。エゼキエルの予言(第28章)では、「サタン」になった天使の誇りがはっきりとほのめかされています。「人の子よ,ティルスの王に関する哀歌を歌い,彼に言いなさい。『主権者である主エホバはこう言っている。「あなたはまさしく完全だった。知恵に満ち,完璧なまでに美しかった。あなたは神の園であるエデンにいた。あなたはあらゆる宝石で飾られていた。ルビー,トパーズ,碧玉,かんらん石,しまめのう,ひすい,サファイア,トルコ石,エメラルド。石を留める枠や台座は金でできていた。それらはあなたが創造された日に用意された。私はあなたを任命し,保護を与える選ばれた*ケルブとした。あなたは神の聖なる山にいて,燃える石の間を歩き回った。創造された日から,あなたの歩みには非の打ちどころがなかった。あなたの中に不正が見いだされるまでは 」」(エゼキエル28:12-15)。エデンでの彼の不正行為によって、彼は「嘘つき」になり、アダムのすべての子孫を死に至らしめました(創世記3章;ローマ5:12)。現在、世界を支配しているのは悪魔のサタンです。「今,この世は裁かれています。もうこの世の支配者 は追い出されます」(ヨハネ12:31;エペソ2:2; 1ヨハネ5:19)。

悪魔のサタンは永久に滅ぼされます:「平和を与える神により,間もなくサタンは皆さんの足の下で砕かれます」(創世記3:15;ローマ16:20)。